松尾慎吾 沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

沖縄三線講師・ミュージシャン 松尾慎吾の沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




今日は珍しく平日の休みです。前田先生と最後のお別れをする。
不思議なもので、普段の平日は絶対に休みにならないのだけど…。 ちゃんとお別れができるようになっているね。

元々ミソラッチと遊びに行く予定だったので、彼も連れて行く事にしました。 先生がいつも「息子は大きくなったの?」と、とても気に掛けていたしね。

告別式は、やっぱり泣いちゃった。焼香で黙祷してると、思い出を覆っていたカーテンみたいなものが引き剥がされて行くんだね…。 隣のミソラッチにやり方を教える。何も知らない彼が手を合わせて目をつむっているのを見て、人がいなくなる事の、なんとも言えない無常さを感じてしまう。
「何で前田先生はお花の中で寝てたの?」
帰りにミソラッチは言ったけど、それだけ安らかな、どこかホッとしたような先生の顔でした。

先生を見送ってから、ハイサイフェスタの会場「ラ・チッタデッラ」のガレリオさんの店でランチ。グラスワインがとても美味しかった。 パスタもさすがっす。息子を連れてったらホントに喜んで、パンナコッタとジュースをサービスしてくれた~。 ガレリオさん、ありがとう!
今年のフェスタは沖縄の喜劇王、仲田幸子さんがやって来るよ! 屋外ライブミュージシャンはディアマンティス。 最終日は「白雲ぬぐとぅに」ライブがクラブ・チッタで。 三線教室は今年も自分がやるので、よかったら遊びに来てね!

チッタを出て、ミソラッチの希望で蒲田にあるタイヤ公園に行く事に。今日はハードかも…。
この公園はJRの電車から見えて、面白そうだから来たかったのですよ。タイヤで作ってある、でっかいゴジラ風の怪獣がある所。 実はあの怪獣には登ってはいけないので、親子でちょっとがっかり。
でも、タイヤを使って遊ぶのは結構楽しいよ! ありえない大きさのタイヤが普通に転がっていたりするし。 1時間半くらい、飽きもせずに遊んでましたー!

家に帰って、「今日は寂しくて、楽しかったね!」などと話しながら新聞を見ると…。
「8時だョ!全員集合!」4時間スペシャルがある!
「母ちゃん、ドリフ見ていい?」 「え~、ドリフ~?」とあからさまに拒否気味。 でも、「たまの休みだし、ミソラッチも見たいってさ。」…で何とか9時までの許可を得る。
ミソラッチはドリフ見るのは初めて。さて…。
コントが始まってたった15秒で心をわしづかみにされてしまい、ずっと「カ~ラ~ス~…」と「ぞ~おさんぞ~おさん…」を連呼。 恐るべし、ドリフ。

昔のお母さん達が見せたくなかったのがよくわかった…。今日のウチの奥さん、おやすみも言わなかったっすよ! 自分とミソラッチは、寝床で自分の携帯でドリフの続きをこっそり見た(バカ親子かも)。すぐに大爆笑してしまう息子。怒られる父親。

今度のミソラッチの誕生日プレゼントは、ドリフのDVDだな。


いっぺーにふぇーでーびる!

手作りで丁寧にできてたんだねー。 ウルトラマンにしても。
中学生の時、ドリフ派とひょうきん族派ができてたけど、自分はやっぱりドリフだったなあ。
思えば、あからさまな楽屋オチって、ひょうきん族から始まってて、それからずっと続いてしまっているのだね。お笑いでも何でも作る事に対して楽をし過ぎると、ろくなものじゃないっすな。

2010.04.02 11:48 URL | ミソラッチ父ちゃん #- [ 編集 ]

ドリフのDVDがパッケージで発売になった時に私もムスメに買って見せたんだけど、大変だった。100万回は見てた、って感じ。
私は小学生の頃、あれを見ることは許されてなくて、一度父が帰りが遅い、と言うので、見てたら、いきなり首根っこつかまれて雪の中へ放り出されました。(その頃札幌)
今のバラエティのようにバカ大人を意識した内容じゃなくて、ほんとに子どもを楽しませるレベルのギャグの連続で子どもの心は鷲づかみされます。
ああ言う番組、なくなったからなあ。
怪獣映画も特撮が多いと現実と勘違いするから、ウルトラマン程度がちょうどイイようです。ぜひお試しを。

2010.04.01 09:33 URL | 一呑入魂 #YZ9He8L6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://matsuoshingo.blog107.fc2.com/tb.php/56-bb798781

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。