松尾慎吾 沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

沖縄三線講師・ミュージシャン 松尾慎吾の沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



先日、毎年恒例の三線合宿がありました!今年も河口湖です。


課題曲は「四ツ竹」。みんな、「え~!?」という感じ。(笑)


「四ツ竹」は琉球王朝時代に、唐からやって来た冊封使をもてなすために宮廷で踊られた舞踊です。


長丁場で古典の舞踊曲。みんな眠らずに練習できるでしょうか…。


例年の課題曲は早弾きのカチャーシー曲だったんだけど、弾く方が先に行ってしまって、勢いでこなしてしまう風でした。今年は踊ってくれる方も参加するし、ゆったり唄を勉強してもらう事にしました。


左手中位でひたすら唄持ちの繰り返し。自分が昔、古典の先生に教えてもらった手順で進めて行きます。

唄持ちは、自分で「テントゥンテントゥン…」と声に出しながら弾くと憶え易いですよ~。


唄は「打ち鳴らし鳴らし」「四ツ竹は鳴らち」「今日ぬ御座出じてぃ」「遊ぶ嬉しゃ」の四つのパートに区切って、ぶつ切りで唄い込んで練習します。


最初はツラそうだったみんなに集中力が出て来ました。面白くなって来たみたい。これは、明日の朝には良い感じになるかも…。


…という所で、初日の練習は終了~。


9時半からレクリエーションの時間がやってきました~!


ビール・泡盛・日本酒・ウイスキー・焼酎・梅酒に中国の白酒(パイチュー56度!)などなど、バラエティーに富んだお酒がたくさん!飲み切れるかなぁ。

美味しそうなネーミングの日本酒に口を付けました。史上最強、無敵でいくつもタイトルが取れそうな名前です。シンボリルドルフとかディープインパクトとか。


…めっちゃくちゃ残念なお酒でした。ホントに純米酒か? ワンカップの方が確実に美味い。…持って来てくれた人に聞いてみた。


「OOさん、この酒…」 「マズいでしょう。(笑)」 「お燗したらどう?」 「お燗しても何してもマズいです。だから申し訳ないので抱き合わせで山崎18年とセットで持って来ました。」


…マズさ史上最強。並ぶ物無し!


なみなみと注いだ「O冠馬」、ちっとも進まないっす。…やっとの思いで飲み切ったら、何も知らない生徒さんが、「先生、日本酒ありますよ~。」と、またもや「七O馬」を注がれてしまう。…これは、何の罰ゲーム?(泣)


この二杯目の酒はさすがに飲み切れず、落馬競争中止。山崎18年をたくさん呑んで復活。


ただの飲み会ではなく、いろんな教室のみんなの交流会も兼ねて、ライブあり、琉球舞踊あり、とても楽しいレクリエーション。


宴は朝6時過ぎまで、約9時間続いたのでした。二日間の練習時間よりも長いっす。


空にした瓶は十本以上、一升瓶二本も半分ずつ無くなっていた。(苦笑)


二日目は、音が揃って綺麗になってきました。


最後の最後には、みんなで発表。踊り手さんに踊ってもらって、みんなで地謡経験をしてもらいます。


初心者コースの人は、自分の持ち場をみんなの前で一人ずつ唄い切りました。

毎年やって来た合宿だけど、達成感があって今回が一番良かった。


来年も、今年以上に良くなるように工夫して行こうと思います~!


いっぺーにふぇーでーびる!
2011.07.16 00:26 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(1) |

踊りの人が衣装まで本格的だったんですねえ。でも練習もさることながら、飲み会が相変わらず・・・しかし、山崎18年と抱き合わせ、合わせて平均値で、にはあまりにあまり。
無事終了されて、おつかれさまでした。

2011.07.17 22:30 URL | 一呑入魂 #YZ9He8L6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。