松尾慎吾 沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

沖縄三線講師・ミュージシャン 松尾慎吾の沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

自分が三線教室を始めたのは、五年半前です。


三線のキャリア二年半。

その頃録音した音源があって、悲しいくらいにダメダメ。墓場まで持って行く事にしております。(泣)

そんなに下手くそなのに、なんで今の仕事になったのか…。


島袋りりあさん。


カルチャーの三線教室を関東一円に持って、ライブやコンサートなどの活動もして…。 どこかで聞いた経歴だね。(笑)


そう、結婚を機に旦那様の仕事に付いてアメリカのフロリダへ行く事になり、持っていた教室のほとんどを全部自分にぶん投げて行ってしまった可愛くて豪快な方です。(笑)


教室をお願いされるまで、りりあさんとは5、6回しか会った事が無い。(笑)

最初は自分が初めて中野三線愛好会に顔を出した時。「頑張ってね~!」


次は春の花見。「上手になったね~!」


次は半年後。エイサー曲の手を見せながら、「この唄を覚えてみて~!」


またまた半年後。「すごいね~!今度、一緒にやろうね!」


次の年の春、電話で呼び出しがあって行ってみると、「アタシの持っている教室を全部引き受けてくれない?」


上手い人は他に掃いて捨てる程いるんだけど、会う度に成長していたのと、練習熱心だった事、愛好会に入る初心者の人を教える役割になっていた事。そして何より、結婚して子供が生まれたのに就職しておらずに身軽だった事が決め手。…というような理由を言っていた。


人の運命って、不思議なもんだねぇ…。


月曜日に新丸子の児童館で待ち合わせて、五年半ぶりにいろんな話をしました。

ミソラッチと眞里ちゃんは仲良く遊んでます。
二つ下の眞里ちゃんのいいお兄ちゃんになっている。

「カラオケに行こう。」というミソラッチの提案で近くのカラオケボックスへ。

ミソラッチは歴代のウルトラマンの唄を唄いまくり。唄いたいというより、カラオケ画面に出て来るウルトラマンのハイライトシーンが見たかったんだね。(笑)

唄は上手になっていたよ!


りりあさんは五年半ぶりのカラオケボックス。
さすが歌姫。(菊の露姫)

NHKの子供番組で流れていた唄を、素晴らしい声で唄っていた。歌のお姉さんみたい!


旦那様と合流して、近くの和食居酒屋で久しぶりに呑み&食事。
りりあさんが教室をやっていた頃も毎日終電だったってさ。
そうだよねぇ~!(笑)

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

次に会うのは来年の春に本格帰国する時です。


六年前の約束はその時に叶います。


りりあさんと自分でライブをやるよ!


ユニット名は、マツオとりりあで「まつりりー!」とかね。お祭りっぽくて良いと思うけど。


身長差35センチの声のデカイ二人のライブ、よかったら遊びに来て下さいね~!


いっぺーにふぇーでーびる!
2010.12.01 22:36 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(2) |

自分は35歳になるまで楽器や音楽にほとんど縁が無かったんだけど、習い始めるきっかけやタイミングってやっぱりその人なりの気持ちと環境によるんだね~。

自分は三線にタイミング良く出会えたと思います。

2010.12.05 01:47 URL | ミソラッチ父ちゃん #- [ 編集 ]

出張で年に2,3回沖縄へ入るようになった時に「三線を習いたい」と思って探して見つけたのが地元のヨーカドーのりりあさんの教室だったけど、とても7時には間に合わないし、出張多くて休みばかりになってしまうんであきらめてたんですよ、私。通勤鞄も大きくて、それに三線も持ってあの中央線なんかに乗れないし。
定年退職したオヤジが若い頃、あきらめていたバイクに乗り始める感じと同じ。今になって三線は習えるわ、ギターは再開できるわ、ピアノも今、オーバーホール中。楽器を演奏できる喜びv-238
やっぱり子どもにはひとつ何か楽器が演奏できるようになって欲しいと思う。楽譜が読めれば将来ひとりでも楽しめるから。ちなみにムスメはギターとドラムにはまってます。

2010.12.02 00:06 URL | 一呑入魂 #YZ9He8L6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。