松尾慎吾 沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

沖縄三線講師・ミュージシャン 松尾慎吾の沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

金曜日は大船教室が終わってから、阿佐ヶ谷グルくんの平安隆ライブに行きました~。


ダッシュで駆け付けたけど10時。終わっていませんように!


入ってみると、二部が終わったところで、三部もあるらしい。 今日の平安さんはノリノリだと!
よっしゃあ!と思ったら平安さん、「松尾くん、第三部はアメリカンブルースとロックンロールね。」
民謡唄わないんだね…。(泣)


チャンプルーズのギタリスト&三線&アレンジャーだった平安隆さんは、アメリカで四年間ブルースを弾いていて、物凄く有名な黒人歌手のバックでやったりもしたらしい。チャンプルーズでは「殴る人」だったってよ。(本人談)


平安さんのギターと三線は、リズム・強弱・ピッチが超人的に正確で、どんなに早いテンポだろうが自分自身の持っている間の取り方の中で完結できてしまうんだよね~。


普通は、どんなにちゃんと弾いていても、音の強弱やリズムはブレが出るものなんだけど、恐ろしいくらいミスが少ない。


以前レコーディングの時、パソコンで平安さんの演奏の強弱・リズムの波形のグラフを見てびっくり!
心電図みたい。(笑)
ず~っと同じ。人間技じゃない。


それがすべてではないのが沖縄の音楽・民謡だったりするんだけど、じゃあそれをクリアしなくてもいいのかな?
クリアした上で、それをひけらかさず、淡々と場に合わせながら、サラっとやってしまえるのがホントにプロとして当たり前なんだろうと、自分は思うのだけどな。


自分にはまだまだ当分、もしかしたら一生できないのかも知れないね。


平安さんが自分の先生で本当に良かった。
…厳しいけどね!
ここ3、4年褒められた事がない。(苦笑)


結局、3時半まで平安さんを囲んでグルくんのお父さん、お母さん達と話してた。

最近平安さん、「家に帰りたくない病」なのかな?(笑)

幸手まで車で帰らないといけないのに、三鷹まで送ってくれました。。。
40分くらい遠回りだね。
次の日関西だと言ってたけど大丈夫だったのでしょうか。

数え年還暦の平安さんと、20年くらいたったら「ジージーズ」ってユニット組んで遊べたら面白いなぁ…。
「誰がやるか!」と言われそうなんだけどさ。


いっぺーにふぇーでーびる!
2010.09.20 00:55 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。