松尾慎吾 沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

沖縄三線講師・ミュージシャン 松尾慎吾の沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



金曜日。午前中の武蔵境の教室が終わった後、地元の老人福祉センターにボランティアに行って来ました。

教室で生徒さんを誘ってみたけど、「もっと練習してから、また今度…。」
…そんなに難しく考えなくていいのにね。(苦笑)


そこの施設は、自分の中学時代の同級生が働いていて、「15分くらい演奏してくんない?」という事でふらふらと向かいました。

着いてすぐにスタート!40人くらいかな。 生音マイク無し。
三曲だったけど、皆さん大盛り上がりで最後は大合唱。楽しかった~。
目の前の一人一人が楽しんでくれているのが伝わってきて嬉しかったっす。


終わってすぐに「お疲れ様~!」で施設を後にする。
30分くらいの滞在でした。ホントについでな感じで申し訳ない。(笑)また遊びに行きます~!


夜の教室の後、グルくんの平安さんのライブへ。
着くなり、平安さんMC「はい!大男がやって来ました。」 「並んで弾くと僕が貧相に見えるからやだ。」…などと始まった。(笑)

すると客のおじさんが自分の脱いだ靴を見つけて「でっかいなあ。この靴、何センチよ?」となってくる。
「29センチです。大体、居酒屋の下駄箱は靴を斜めにしないと入らないし。」
「こういうのを馬鹿の大足って言うんだよ~。」
…言われなくてもわかってるってば。(苦笑)


自分は中学に入学する時、身長は158センチしかないのに、足はすでに27センチあって、めちゃくちゃアンバランス。親からも「馬鹿の大足。」と30年前に言われていたもんね。


サイズの合う靴がなかなか無くて、先日二年半ぶりに新しいのを買ったけど、高いし。靴下もすぐに穴が空くし。大足で損した事の方が多いかなぁ。
小さいのも大変らしいけど。


手は21センチ。もはや前足ですな。


やっぱり小さい時から大きかったので、三鷹の商店街のくじ引きで当たった現金つかみ取りに駆り出されたりした。でも、上手く出来てるもので、つかみ取りの穴が少し狭いので思いっ切り掴めなかったなあ…。(笑)


手がでかいから楽に三線弾けると思ってる人もいるけど、違うからね~!


ライブは久しぶりにゆっくり聴けてとっても満足。 リクエストも唄ってもらったし。


よかった。また5分とかで終わらなくて!


いっぺーにふぇーでーびる!
2010.08.01 17:48 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(3) |

ちょっと思い出した話が・・・
学生時代にケイコちゃんと言う二の腕の太い子がいたんだけど、夏にノースリーブを着ていたら、お父さんに「おい、ケイコ、どうしたんだ?そんなところから太もも出して」と言われて、しばらくお父さんと口を聞かなかったそうです。

2010.08.03 00:08 URL | 一呑入魂 #YZ9He8L6 [ 編集 ]

高校の頃にDCブランドとかが流行って、友達なんかは丸井のセールによく行ってたみたいだけど、自分は全く無縁でした。サイズないから。 スーツ作るとすべてオーダーメードになってしまうし。(苦笑)
高校で一部の後輩達から「足のような腕をした先輩。」と言われてたので、前足もしかたない。

おかげで流行り廃り関係なく、高校時代からずっと同じような物を着て過ごしてます~。

2010.08.02 12:17 URL | ミソラッチ父ちゃん #- [ 編集 ]

勤めてた会社の部長で、やたらと自分のムスメが背がスラっとしているのを自慢してたんですが、「うちのムスメ、デカくてさぁ」とまた飲み会で話し始めたら、間髪入れずに「2メートルくらいですか?」って酔った勢いで水をさした時に、私は大笑いしてしまった。類は友を呼ぶ、口の悪い私には口の悪い友達が多い。
手が前足ってのが可笑しいですね。似顔絵じゃないけど、マンガ的にはキャラ化しやすそう。
今でこそ「ビッグサイズ」の店はあるけど、昔はなかったから靴は大変だったでしょう。下駄かサンダル履くしかなかったんじゃないかって。
つかみどりは、穴タイプはダメですね。千葉あたりの「サンマつかみ放題」とか「穴ナシ」のものじゃないと。

2010.08.01 23:47 URL | 一呑入魂 #YZ9He8L6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。