松尾慎吾 沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

沖縄三線講師・ミュージシャン 松尾慎吾の沖縄三線・沖縄民謡ライブ情報*blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




土曜日の朝、5時半に帰宅。


前日、グルくんの13周年パーティーがあり、唄ったり呑んだり調子に乗ってたら、こんな時間になっちゃいました。(苦笑)


発表会があるんだから、ちゃんと帰れば良いのに…と、自分でも思うんだけどね~。

ちょっと眠たいけど頑張る!


午後2時半頃、会場の自由が丘「PLATINO」へ。三線しょって島太鼓二つ抱えて。重いっす。


結構みんな来ています。 3時には、ほとんどの参加者が到着。七十名以上来てくれた~!


一人、来ません…。何度電話しても出ない。メールしても帰ってこない。
島太鼓サポート担当のウチナーンチュ、かよちゃん。 集合2時半だったのに、大丈夫かなぁ…。


3時半、始まる直前にかよちゃんから電話。


「今起きました~…(泣)。」
「え~!?」

「8時半まで飲んでたら、起きれなかった~…(泣)。」

「とにかく、来てね!島太鼓、持って来てるから。よろしくね!」


発表会開始時間に起きて、家は○○。 超ウチナータイム~!(泣)


参加者全員で安里屋ゆんたを唄って発表会スタート!

発表するのは10教室と個人・ユニット15組。
順番は厳正なるクジ引きで決定。


三線始めて三ヶ月の人から何年もやっている人まで、下は九歳から上は八十歳まで。


皆さん、それぞれにその人らしさを出してくれました。


教室の場所は違うし、今回は初対面の人達もかなりいたんだけど、不思議な一体感に包まれてました。

緊張して唄が飛んでしまっても、みんなが唄ったり、自然に手拍子や踊りが出て来たり。


工工四を見ながら、グループでやってもいいから、自分の好きな唄、唄いたい唄を発表する。 どんなに緩い条件でも、人前で演奏するのは緊張するのだとわかってもらいたい。
たとえ小さくても、目標があれば練習するだろうし、上達するんじゃないか。 あと、他の教室の人達との交流の場所になったら楽しいですよ。。。…というようなテーマで続けてきた発表会。


毎回進化して来て、今回がすべての意味で一番良かったと思う。


幹事として、いろんな企画から雑用からお金の管理まで、キッチリやってくれたカバッチ、王子、ありがとう!


司会のお願いを快く受けて、しっかり会場の雰囲気をまとめてくれたかどさん、ありがとう!


大遅刻はしたけど、みんなの演奏にうまく合わせてくれたかよちゃん、ありがとう!


そして忙しい中、一生懸命練習して参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました~!


今回、自分は何もしなかったね~。ただただビールと泡盛を飲んで、みんなの唄を聴いていただけ。
罰当たりそう。(苦笑)


発表会の後、「なんた浜」でお疲れさん。ここでも唄って盛り上がり!


このお店は来年が四十周年だそうです。そのパーティーの時に自分がライブをする事になったみたいです。(笑)
面白いもんだねぇ…。


結局この日も朝帰り。かよちゃんもね。(苦笑)
やっぱり類は友を呼ぶのかな?


いっぺーにふぇーでーびる!
スポンサーサイト
2010.11.24 09:00 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。